弁護士まずは必要な書類を用意しなくてはなりません。国が給付金を支払ってくれるのはあくまで集団予防接種が原因で感染した方に限定されています。そのため、集団予防接種が原因で感染したということを示す証拠が必要となります。医療機関での証明書などさまざまな書類を用意し、その上で裁判の手続きを行います。給付金請求の訴状を作成し、集めた証拠書類などをすべて裁判所に提出します。国家賠償請求訴訟を起こし、その後和解が成立すれば和解調書が作成され、給付金の請求という流れになります。

給付金の請求は社会保険診療報酬支払基金に和解調書などの必要な書類を提出することで可能となります。これで請求は終わりですから、あとは指定した口座に給付金が支払われるのを待つのみです。これが大まかなB型肝炎給付金請求の流れとなります。必要書類を準備して裁判を起こし、請求して振り込まれるのを待つ、という流れになりますが、これをすべて一人でこなすのはかなり困難と言えるでしょう。ではどうすればいいのかということですが、多くの方はB型肝炎給付金訴訟を弁護士に依頼しています。弁護士に依頼することですべての手続きをスムーズに進めることが可能になるでしょう。