肝臓の病気として知られるB型肝炎ですが、B型肝炎に感染する理由はいろいろと挙げられます。基本的にこの病気は血液や体液などを介して感染することが多いのですが、昭和23年から63年までのあいだに国が実施していた集団予防接種によって感染してしまった方も大勢います。この時期は注射針の交換などをせぬまま使いまわしていましたし、そのせいで多くの方にB型肝炎が感染してしまうことになったのです。

集団予防接種。現在でも給付金の支払いは行われていますし、平成34年まで支払期限は延長されていますから今からでも給付金請求は十分可能でしょう。給付金を受け取るためには国家賠償請求訴訟を起こす必要がありますし、集団予防接種が原因で感染したことを証明する必要があります。裁判で認められれば給付金を受け取ることができるのです。

実際にB型肝炎給付金を受け取るまでにどのような手続きが必要になるのか、どんな流れになるのかを詳しくご存知という方は少ないでしょう。そこで、このサイトではB型肝炎給付金を受け取るまでの流れについてお伝えしたいと思います。自分や家族がB型肝炎に感染している、集団予防接種が原因で感染したと思っている、という方はぜひ最後まで目を通してください。期限が過ぎてしまうと請求できなくなりますから該当する方はスピーディに行動に移しましょう。