期限までに請求18年04月10日18年04月12日運営者

期限B型肝炎給付金はいつまでも受け取れるわけではなく期限が設けられています。この期限までに請求をしないと給付金が受け取れなくなってしまいますから注意が必要です。もともと平成29年までだった期限も現在では平成34年までに延長されていますから、平成34年の1月12日までに請求を行うようにしましょう。集団予防接種が原因でB型肝炎に感染したことを示すための証拠を集めるだけでもかなりの時間を要してしまうこともありますし、そこから裁判の手続きをするとなるとやはり時間がかかってしまうためそういう意味でも弁護士に依頼することをおススメします。

請求には期限があります!
平成 34年 1月 12日まで

弁護士に相談すれば必要な書類集めもスムーズに進めることができますし、その後の手続きなどはすべて弁護士に任せることができます。期限に間に合わないということもないでしょうから、極力弁護士にお任せしたほうが良いでしょう。もちろん、どうしてもすべて自分でやらないと気が済まないというのならそれも一つの選択肢ではありますが、先ほども言ったように請求期限があるため悠長にはできません。なるべくスピーディに進めないといけませんし、書類に不備などがあると何度でもやり直す必要がありますから注意が必要です。