期限までに請求

期限B型肝炎給付金はいつまでも受け取れるわけではなく期限が設けられています。この期限までに請求をしないと給付金が受け取れなくなってしまいますから注意が必要です。もともと平成29年までだった期限も現在では平成34年までに延長されていますから、平成34年の1月12日までに請求を行うようにしましょう。集団予防接種が原因でB型肝炎に感染したことを示すための証拠を集めるだけでもかなりの時間を要してしまうこともありますし、そこから裁判の手続きをするとなるとやはり時間がかかってしまうためそういう意味でも弁護士に依頼することをおススメします。

請求には期限があります!
平成 34年 1月 12日まで

弁護士に相談すれば必要な書類集めもスムーズに進めることができますし、その後の手続きなどはすべて弁護士に任せることができます。期限に間に合わないということもないでしょうから、極力弁護士にお任せしたほうが良いでしょう。もちろん、どうしてもすべて自分でやらないと気が済まないというのならそれも一つの選択肢ではありますが、先ほども言ったように請求期限があるため悠長にはできません。なるべくスピーディに進めないといけませんし、書類に不備などがあると何度でもやり直す必要がありますから注意が必要です。



弁護士が代行

B型肝炎給付金の請求手続きをすべて個人で行うことはできますし、実際すべてを自分でやったという方もおられるでしょう。しかし、これは相当な労力と時間が必要となりますしあまりおススメできる方法とは言えません。必要な書類をすべて集めたとしても不備や漏れがあると手続きが先に進みませんし、二度手間、三度手間になってしまうこともあります。弁護士に依頼すれば書類の不備などがないかどうかもしっかりチェックしてくれますし、アドバイスを受けながら必要書類を集めることが可能になるでしょう。

弁護士に相談また、訴訟を起こすときも素人ではいろいろと不安なことが多いです。人生の中で訴訟を起こすことというのはそうそうあるものではありませんし、恐らくほとんどの方は初めての経験となるでしょう。訴状作成もまともにできないでしょうし、やはり弁護士の手を借りなくてはなりません。最初から弁護士に相談しながら話を進めれば書類のチェックもしてもらえますし、あらゆる手続きを代行してもらうことができます。現在では法律事務所がB型肝炎給付金訴訟に関する無料説明会を開催していることもありますから、まずはそうした説明会に参加してみるのも良いかもしれません。



大まかな流れ

弁護士まずは必要な書類を用意しなくてはなりません。国が給付金を支払ってくれるのはあくまで集団予防接種が原因で感染した方に限定されています。そのため、集団予防接種が原因で感染したということを示す証拠が必要となります。医療機関での証明書などさまざまな書類を用意し、その上で裁判の手続きを行います。給付金請求の訴状を作成し、集めた証拠書類などをすべて裁判所に提出します。国家賠償請求訴訟を起こし、その後和解が成立すれば和解調書が作成され、給付金の請求という流れになります。

給付金の請求は社会保険診療報酬支払基金に和解調書などの必要な書類を提出することで可能となります。これで請求は終わりですから、あとは指定した口座に給付金が支払われるのを待つのみです。これが大まかなB型肝炎給付金請求の流れとなります。必要書類を準備して裁判を起こし、請求して振り込まれるのを待つ、という流れになりますが、これをすべて一人でこなすのはかなり困難と言えるでしょう。ではどうすればいいのかということですが、多くの方はB型肝炎給付金訴訟を弁護士に依頼しています。弁護士に依頼することですべての手続きをスムーズに進めることが可能になるでしょう。



B型肝炎給付金受け取りの流れ

肝臓の病気として知られるB型肝炎ですが、B型肝炎に感染する理由はいろいろと挙げられます。基本的にこの病気は血液や体液などを介して感染することが多いのですが、昭和23年から63年までのあいだに国が実施していた集団予防接種によって感染してしまった方も大勢います。この時期は注射針の交換などをせぬまま使いまわしていましたし、そのせいで多くの方にB型肝炎が感染してしまうことになったのです。

集団予防接種。現在でも給付金の支払いは行われていますし、平成34年まで支払期限は延長されていますから今からでも給付金請求は十分可能でしょう。給付金を受け取るためには国家賠償請求訴訟を起こす必要がありますし、集団予防接種が原因で感染したことを証明する必要があります。裁判で認められれば給付金を受け取ることができるのです。

実際にB型肝炎給付金を受け取るまでにどのような手続きが必要になるのか、どんな流れになるのかを詳しくご存知という方は少ないでしょう。そこで、このサイトではB型肝炎給付金を受け取るまでの流れについてお伝えしたいと思います。自分や家族がB型肝炎に感染している、集団予防接種が原因で感染したと思っている、という方はぜひ最後まで目を通してください。期限が過ぎてしまうと請求できなくなりますから該当する方はスピーディに行動に移しましょう。